男性

業務成績を向上させるために必要なことは│寺下史郎氏の業績も紹介

社員にできることとして

うつ向く男性

最近では、ブラック企業の話題がニュースにのぼることが、珍しくなくなりました。企業は社員の労働環境がどのような状態になっているのかを、きちんと分析し改善するように求められています。つい10年ほど前まではストレスは会社の労働に起因するものであっても、個人の問題として捉えられ、その責任が企業にまで求められることはほとんどありませんでした。しかし、近年労働者のメンタルヘルスがどのような状態になっているのかを企業が自らチェックし、もし状態が良くなければ改善することが義務付けられています。うつ病などの心の病気を抱える社会人は、数多く存在するといわれています。心が不健康なまま労働を続けさせると、身体的な病気にまで影響が及んだり、自殺に追い込まれたりします。これは個人の尊厳の問題だけでなく、企業にも不利益をもたらすものです。したがって、メンタルヘルス対策には真摯な姿勢で取り組むことが求められています。また、心の病気は医師に診断された精神病だけではありません。うつ病予備軍はかなりの数の登っているというデータもあります。したがって、企業が積極的にメンタルヘルス対策に取り組んでいけば、うつ病になる社員を未然に防ぐことができるのです。また、ストレスは職場環境だけで発生するものではありません。家庭環境や子育ての問題、対人関係の問題など様々なものからストレスは発生します。このような精神状態で仕事をしても、あまりいい成果は残せないかもしれません。社員にやりがいを感じて仕事をしてもらうためには、普段からの声掛けや定期的に面談などをして、社員の様子を観察することも有効なメンタルヘルス対策になり得ます。社員の性格を理解している企業であればこそ、自らのアイディアでメンタルヘルス対策をすることができると思います。

Copyright© 2016 業務成績を向上させるために必要なことは│寺下史郎氏の業績も紹介 All Rights Reserved.