女の人

業務成績を向上させるために必要なことは│寺下史郎氏の業績も紹介

企業と社長の歩みとして

会社

アイ・アールジャパンは様々な業務を行なっている企業であり、寺下史郎氏が代表取締役社長に就任してからは、各方面からのその成果を認められています。公式HPによれば、IRやSRコンサルティングを中心に、プロキシーアドバイザリーや投資銀行業務、ディスクロージャーの支援など様々な業務を行なっているようです。そもそも、アイ・アールジャパンは1984年に日本で始めてIR事業を行なう会社として設立されました。四年後の1988年には、再び日本で初めてIRでコンサルティング業務を行なうようになり、同時に専門書の発行も行ない業界の中心になっていったようです。1997年またしても日本で初めて、外国人や国内機関を対象に株主判明調査を実施して、株運用における権利者を把握することに成功しました。現社長である寺下史郎氏がアイ・アールジャパンに入社したのは、その同年だったとされています。寺下氏はその後、IRコンサルティング業務を拡大させ、2000年代には名実ともに業界でトップクラスの企業に育て上げました。2004年にはニューヨークに支社を設置し、海外の投資家たちからの情報を集めることができるようにしました。その結果、企業全体としてグローバルな機運が生まれ、海外進出を見据えた業務をするようになったようです。そのような様々な業績を持っている寺下史郎社長が最も大切なことは、礼を重んじることだとされています。確かに、仕事を遂行するためには幅広い知識が必要になります。しかし、それだけでは会社を大きくすることはできません。知識以外の教養を身につけなければ、海外で通用する人物にはなれないとされています。また、いくら仕事ができても人望がなければ、誰も付いてきてくれません。それを身につけるための基本が礼を重んじることだと、寺下史郎社長は述べています。アイ・アールジャパンは、これから発展していく日本企業の代表として、ますます各方面で活躍していくでしょう。

社員にできることとして

うつ向く男性

近年の企業は、社員の精神状態がどのようになっているのか、把握することが求められています。心の病気は職場環境だけが要因とは限らないので、企業側から積極的に社員にアプローチしていくことが、有効なメンタルヘルス対策になります。

詳細を読む

新しい場所を視野に入れて

スーツケース

社員旅行は毎年同じ場所に行くのもいいですが、飽きられてしまうことがあります。韓国やシンガポールなどいつもとは違う海外に行くことで、社員たちの気持ちはリフレッシュされ、業務の成績向上に繋がるかもしれません。

詳細を読む

新しい仕事を始める前に

男性と女性

新しい業務を社員に教えるときは、仕事をさせながら指導するのではなく、社員研修を実施することをおすすめします。研修を経ない仕事はクオリティが低い可能性があります。また、研修内容はできるだけコンパクトにおさめると効率的です。

詳細を読む

Copyright© 2016 業務成績を向上させるために必要なことは│寺下史郎氏の業績も紹介 All Rights Reserved.